悔い改めの恵み

詩篇51

オーディオファイルを再生できません
51 指揮者のために。ダビデの賛歌。ダビデがバテ・シェバのもとに通ったのちに、預言者ナタンが彼のもとに来たとき
51:1 神よ。御恵みによって、私に情けをかけ、あなたの豊かなあわれみによって、私のそむきの罪をぬぐい去ってください。
51:2 どうか私の咎を、私から全く洗い去り、私の罪から、私をきよめてください。
51:3 まことに、私は自分のそむきの罪を知っています。私の罪は、いつも私の目の前にあります。
51:4 私はあなたに、ただあなたに、罪を犯し、あなたの御目に悪であることを行ないました。それゆえ、あなたが宣告されるとき、あなたは正しく、さばかれるとき、あなたはきよくあられます。
51:5 ああ、私は咎ある者として生まれ、罪ある者として母は私をみごもりました。
51:6 ああ、あなたは心のうちの真実を喜ばれます。それゆえ、私の心の奥に知恵を教えてください。
51:7 ヒソプをもって私の罪を除いてきよめてください。そうすれば、私はきよくなりましょう。私を洗ってください。そうすれば、私は雪よりも白くなりましょう。
51:8 私に、楽しみと喜びを、聞かせてください。そうすれば、あなたがお砕きになった骨が、喜ぶことでしょう。
51:9 御顔を私の罪から隠し、私の咎をことごとく、ぬぐい去ってください。
51:10 神よ。私にきよい心を造り、ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください。
51:11 私をあなたの御前から、投げ捨てず、あなたの聖霊を、私から取り去らないでください。
51:12 あなたの救いの喜びを、私に返し、喜んで仕える霊が、私をささえますように。
51:13 私は、そむく者たちに、あなたの道を教えましょう。そうすれば、罪人は、あなたのもとに帰りましょう。
51:14 神よ。私の救いの神よ。血の罪から私を救い出してください。そうすれば、私の舌は、あなたの義を、高らかに歌うでしょう。
51:15 主よ。私のくちびるを開いてください。そうすれば、私の口は、あなたの誉れを告げるでしょう。
51:16 たとい私がささげても、まことに、あなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを、望まれません。
51:17 神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。
51:18 どうか、ご恩寵により、シオンにいつくしみを施し、エルサレムの城壁を築いてください。
51:19 そのとき、あなたは、全焼のいけにえと全焼のささげ物との、義のいけにえを喜ばれるでしょう。そのとき、彼らは、雄の子牛をあなたの祭壇にささげましょう。

 一、悔い改めの大切さ

 今朝は、聖書のいちばん大切な教えでありながら、今日忘れられがちな教えを話します。それは「悔い改め」の教えです。

 主イエスの宣教の第一声は「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」(マタイ4:17)でした。イエスはまた、「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、はいれません。」(マタイ18:3)「あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます。」(ルカ13:3)とも言われました。神の国は悔い改める者に与えられるのです。イエスは、「ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。」(ルカ15:7)と言われ、神が私たちの悔い改めをどんなに望んでいらっしゃるかを教えてくださいました。イエスは「わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。」(ルカ5:32)と言われ、罪びとが悔い改めるためこの地上に来てくださり、悔い改めた者が救われるために十字架で死なれたのです。十字架の救いを成し遂げ、復活されたイエスは弟子たちに、こう言われました。「その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。」(ルカ24:47)イエスは全世界の宣教師、伝道者、牧師、そして、信徒の証し人に、この「悔い改め」を宣べ伝えるよう命じておられるのです。「悔い改め」はじつにイエスの教えの中心の教えです。もし、私たちの信仰に力がないとしたら、伝道が実を結んでいないとしたら、それは、私たちに救いをもたらす「悔い改め」をどこかに置き忘れ、それを宣べ伝えてこなかったからではないでしょうか。

 「悔い改め」のメッセージは、私たちの耳に痛いものなので、だんだんと語られなくなってきました。とくに心の傷を持った人には「悔い改め」のメッセージは厳しすぎる、そんなことを話したらよけいに落ち込んでしまい、混乱してしまうと思われきました。カウンセリングというと、問題を持った人の訴えることだけを聞いて、問題には触れてはいけないかのように考えられてきました。もちろん、問題を抱えた人の苦しみに同情し、それを受け止めてあげることは大切なことです。しかし、それだけで終わるなら、その人は問題から救われることはないでしょう。自分の問題に向き合い、自分の間違いを認め、神に赦しを願い、神に信頼して自分の間違いを正していくのでなければ、つまり、悔い改めることがなければ、心のいやしはやってこないのです。問題を乗り越えて成長することができないのです。

 「12ステップ」は、聖書に基づいた心のいやしのプログラムですので、ステップの5から7で、はっきりと「悔い改め」を教えています。

 ステップ5「私は、神に対し、自分に対し、他人に対し、自分のどこが間違っていたかを、はっきりと認めました。」

 ステップ6「私は、これらの性格上の欠点を取り除いていただくことを、全く神におまかせする気持ちになりました。」

 ステップ7「私は、私の短所を取り除いてくださいと、謙遜に神に求めました。」

「12ステップ」は、罪を認めることからはじまって、自分を変えていくことへと向かっていく「悔い改め」のプログラムです。私たちのうち誰ひとり悔い改めのいらない人はありません。私たちはきよい神の前に罪深いものであり、罪を犯さない人はいないからです。ですから、「12ステップ」に教えられている「悔い改め」のステップは、どの人にも必要です。これをスキップしないで、一歩一歩回復と成長を目指していきましょう。

 二、悔い改めの要素

 聖書が教える悔い改めには三つの要素があります。第一に、罪を認めること。第二に、罪を悲しむこと。第三に、罪を言い表すことです。順に学びましょう。

 第一に「罪を認めること」ですが、それは詩篇51篇に良く表現されています。これは、ダビデ王の悔い改めの祈りです。この祈りの背後にある出来事については、皆さんはよくご存知ですし、時間もありませんので、今は触れません。くわしくはサムエル記第二11章からお読みください。今朝は、この祈りの中でダビデが、どのように自分の罪を認めたかに注目しましょう。1節から4節にこうあります。

神よ。御恵みによって、私に情けをかけ、あなたの豊かなあわれみによって、私のそむきの罪をぬぐい去ってください。どうか私の咎を、私から全く洗い去り、私の罪から、私をきよめてください。まことに、私は自分のそむきの罪を知っています。私の罪は、いつも私の目の前にあります。私はあなたに、ただあなたに、罪を犯し、あなたの御目に悪であることを行ないました。それゆえ、あなたが宣告されるとき、あなたは正しく、さばかれるとき、あなたはきよくあられます。
ダビデがしたことは、他の国の王なら許されたことでした。古代には、臣下の財産や命は王のもので、自由にすることができたのです。しかし、ダビデは自分が臣下の命を奪い、その妻を自分のものとしたことが、王の特権として許されることだから、罪にあたらないなどは言っていません。それは、「罪」であり「悪」であると、はっきり認めています。ダビデは自分のしたことが、神の信頼を裏切る「そむきの罪」であり、刑罰を覚悟しなければならない「咎」であると認めています。しかもダビデは、「私の」そむきの罪、「私の」咎、「私の」罪、と言って、その罪の責任は、他のだれでもなく、彼自身にあると言っています。私たちは、罪を犯し、悪を行ったとき「世の中が悪いから。」「環境が厳しかったから。」「誰も私のことに関心を持ってくれなかったから。」などと「言い訳け」を作ります。そして、「半分は私の罪だが、半分は社会の罪だ。あの人のせいだ。」と言って、自分の罪を軽くしようとします。しかし、「悔い改め」においては、私たちは罪を罪として認め、他の誰の罪でもない自分の罪としてはっきり認める必要があります。

 さらに、その罪が神に対する罪であることを認める必要があります。たとえそれが自分を傷つけることであっも、人を傷つけることであっても、すべての罪は神の栄光を傷つけるものです。なぜなら、私たちひとりびとりは神のかたちに造られており、自分を傷つけることは神のかたちを損なうことであり、他の人を傷つけることは神の命令に対する罪となるからです。目上の者を敬い、互いに愛し合うように命じられたのは神であって、それに反することは神への罪となるのです。ダビデは悔い改めに導かれたとき、「私はあなたに、ただあなたに、罪を犯し、あなたの御目に悪であることを行ないました。」と言いました。私たちも、同じように、すべての罪を神に対する罪として認め、悔い改めるものでありたいと思います。

 悔い改めの第二の要素は「罪を悲しむ」ことです。「悔い改め」は「私は罪を犯しました。」というステートメントに同意するだけのことではありません。自分の犯した罪を悲しみ、嫌い、憎むことがなければ、私たちはまた同じ罪に舞い戻って、それを繰り返してしまいます。ダビデは罪を犯したとき、喜びを失いました。心の平安を失いました。それで、ダビデは「私に、楽しみと喜びを、聞かせてください。そうすれば、あなたがお砕きになった骨が、喜ぶことでしょう。」(8節)「あなたの救いの喜びを、私に返し、喜んで仕える霊が、私をささえますように。」(12節)と祈ったのです。ダビデは罪を犯したとき、それまで持っていた神からの喜びを失ったのです。罪を犯してもなお平安でいられ、喜んでいられる人を私は知りません。平静を装ってはいても、罪を犯した人はどこか平安のない顔をしています。油断して罪の誘惑に乗ってしまう人もあれば、中には犯罪を楽しむような変質的な人もあります。「罪の楽しみ」という言葉がありますが、それは、自分の欲望を満足させるだけのもので、人格を蝕む毒です。「罪の楽しみ」は必ず「滅びの恐怖」をもたらします。罪は悲しむもの、嫌うもの、憎むものであって、決してそれを楽しむもの、喜ぶものではありません。

 聖書は、私たちが罪を犯したなら、私たちのうちに住んでおられる聖霊が悲しむと教えています(エペソ4:30)。私たちが罪を悲しむのは、この聖霊の悲しみを知っているからです。クリスチャンの生活は基本的には喜びの生活ですが、それは、自分を吟味し、自分の罪を認め、罪を悲しむこともない、うすっぺらなものではありません。悲しむべきものを悲しむことから、ほんとうの喜びが生まれるのです。聖書は「神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせる。」(コリント第二7:10)と教えています。

 悔い改めの第三の要素は「罪を言い表す」ことです。ダビデは別の詩篇でこう言っています。

私は黙っていたときには、一日中うめいて、私の骨々は疲れ果てました。それは御手が昼も夜も私の上に重くのしかかり、私の骨髄は、夏のひでりでかわききったからです。私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪を主に告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました。(詩篇32:3-5)
ダビデは罪を認め、罪を悲しみ、そして、罪を告白しました。罪を「告白する」というのは、いったいどんなことなのでしょうか。それは、容疑者が刑事から取調べを受け「白状」するというようなものなのでしょうか。テレビ・ドラマでは刑事は決まって「さあ、白状してしまいな。そうしたら、楽になるからね。」と言うのですが、神に対して「罪を言い表す」というのは、自分の気持ちをすっきりさせるためのものなのでしょうか。そうではありませんね。「罪を言い表す」のは不承不承することではなく、心から自分の罪を悔やんでする自発的なものです。また、それは、自分が心理的に解放されるためのものでもありません。罪の告白は、まごころから出た神に対するお詫びです。ルカ15章に出てくる放蕩息子は、本心に立ち返ったときこう言いました。「立って、父のところに行って、こう言おう。『お父さん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。』」そして、彼は、決心したとおり、父に自分の罪を言い表し、お詫びをしました。息子は「雇い人のひとりにしてください。」と言おうとしましたが、父親はそれをさえぎって、彼を「息子」として受け入れました。このストーリーは私たちの告白がどんなものでなければならないかを教えるとともに、神が私たちの告白を聞き入れ、赦しをもって私たちを受け入れてくださることを教えています。

 三、悔い改めの方法

 では、具体的にどのようにして、罪を言い表わせばいいのでしょうか。三つのことを提案したいと思います。

 第一に、普段の祈りの中に悔い改めの祈りを含めることです。祈りというと、願い事をならべたてることだと誤解されやすいのですが、クリスチャンの祈りには「賛美」と「感謝」、「願い」と「とりなし」の他に、かならず「悔い改め」が含まれていなければなりません。私たちは「主の祈り」で「我らの罪をも赦したまえ。」と祈りますが、自分の罪が何であるかが分からないまま、また、罪を悔い改めないまま「赦してください。」と祈ることはできませんから、「主の祈り」は、日ごとに悔い改めることを教えているのです。私たちはこどもに人から良くしてもらったら「ありがとう」と言いなさい、人に対して間違ったことをしてしまったら「ごめんなさい」と言いなさいと教えます。「ありがとう」と「ごめんなさい」は、毎日の生活の中で、人との関わりの中でなくてならない言葉ですが、同時に、神と共に生きる生活で、神への祈りの中でなくてならない言葉です。みなさんの祈りの中には、神への「感謝」が入っていますか。「悔い改め」が入っているでしょうか。罪は、たましいの汚れです。汚れはこびりついてしまうと取るのがたいへんになってしまいます。さきほど「すこしでも罪のしみがついておったならば、イエスの血潮で白くし、主に喜ばれよう」と賛美したように、日々に罪を悔い改めていくことによって、私たちは罪の赦しの喜びを味わい、きよめの道を歩くことができるのです。日々の悔い改めをしていないと、大きな罪を悔い改めなければならないとき、それを悔い改められなくなってしまうということがあります。そうならないよう、悔い改めに励みたいと思います。

 第二は、ヤコブ5:14-16にあります。読んでみましょう。

あなたがたのうちに病気の人がいますか。その人は教会の長老たちを招き、主の御名によって、オリーブ油を塗って祈ってもらいなさい。信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表わし、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。
ここでは、病気のいやしのための祈りのことが書かれていますが、同時に霊的な病である罪についても書かれています。人々は、病気のいやしと罪の赦しのために、長老、つまり牧師を招き、罪を告白して祈ってもらいました。私たちは普段悔い改めの祈りをささげるとともに、特別なときには、その祈りをさらに深めていく必要があります。病気のとき、仕事をなくしたとき、家族が亡くなったとき、大きなトラブルに巻き込まれたときなど、祈りがどんなに助けになることでしょうか。牧師はそのようなときのためにいるわけですから、祈りのために牧師を尋ねたり、招いたりしていただきたいと思います。それができないときは電話ででも祈ることができます。また、問題があったときだけでなく、感謝なときにも、さらに祝福を祈り合いたいと思います。韓国のクリスチャンは新しい車を買ったとき、新しい家に引っ越したとき、新しい職場に移ったときなど、かならず牧師を招いて車に手をおいて主の守りを祈ってもらう、家やオフィスに招いて祝福を祈ってもらうことをします。とても良いことだと思います。

 第三は、聖餐に備えて祈ることによってです。私は聖餐のある前の週、「聖餐に備えて共に祈りましょう。」と呼びかけてきました。そして、前回も、今回も、その呼びかけにこたえて共に心を合わせて祈ることができる人を与えられ、感謝しています。聖書に「ひとりひとりが自分を吟味して、そのうえでパンを食べ、杯を飲みなさい。」と教えられているように、聖餐に備えて祈りあうことは、とても良いこと、いや、なくてならないことだと思います。神は、日々、悔い改めの機会を与えてくださっています。しかし、私たちの多くは、悔い改めを忘れて、日々を過ごしがちです。そんな私たちのため、神は日曜日の礼拝を備えてくださいました。礼拝は、一週間を振り返り、悔い改めと感謝を神にささげる機会です。けれども、その日曜日をも悔い改めなしに過ごしてしまうこともあります。そんなときのために、神は聖餐を悔い改めと告白の機会として備えてくださいました。今、聖餐を受ける直前にでも、心を込めて悔い改めの祈りをささげましょう。この聖餐で、日々の悔い改めに導かれるよう祈り求めましょう。次の聖餐には、さらに深い悔い改めをもって臨むことができるように願い求めましょう。そして、悔い改める者に与えられる神の大きな恵みを、この聖餐でしっかりと味わいましょう。

 (祈り)

 愛とあわれみの神さま、あなたは、私たちの罪を責め、白状させることをなさらないで、私たちをやさしく悔い改めに招き、忍耐をもって告白を待っていてくださることを感謝します。あなたが私たちに悔い改めを命じておられるのは、私たちを罰するためではなく、私たちを赦すためです。主イエスは、十字架の上でご自分のからだを裂き、砕き、それを私たちの罪の赦しのためのいけにえとしてささげられました。あなたが私たちに求められるのも、私たちの「砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心」です。私たちは今、「砕かれた、悔いた心」を主イエスのおからだとともに御前にささげます。あなたの愛とあわれみによってそれを受け取り、私たちを、命に至る悔い改めへと導いてください。主イエスによって祈ります。

1/27/2008